病気になってもいっぱい遊びたい

私達は、病院で子どもと遊ぶボランティアです。退院してからも出会いの場を大切にしています。

過去のブログはこちら

11月の近況報告

11月5日、夜7時から理事会を開催しました。5人が出席。主な協議事項は来年度の助成金の申請先のリストから候補を選び、その内容について議論。ほか今後小児病棟で行われる行事やボランティア研修会の内容、小児がんなど重い子どもの個別訪問の課題について協議されました。

小児病棟の行事としてはハロウィンがあり看護師さんとボランティアが一緒になってオレンジと黒を基調にした帽子を作りました。帽子にコウモリやカボチャのシールを貼ったり絵を描いたり、子どもたちがそれぞれの個性的な帽子をかぶって楽しそうでした。その様子をみてお母さんたちも感激してくれました。

広告を非表示にする