病気になってもいっぱい遊びたい

私達は、病院で子どもと遊ぶボランティアです。退院してからも出会いの場を大切にしています。

過去のブログはこちら

スポーツチャリティで病気の子どもを応援

f:id:asovo:20200317093901j:image

スポーツで病気の子どもたちを応援しよう!
ホスピタルフットボールクラブ🏈

今回大阪出張は、"ホスピタルフットボールクラブ"との会議が目的です。
このクラブは「フットボールを通して病気の子どもを応援するチャリティイベント」を二年前に立ち上げました。

海外ではマラソンやスポーツをチャリティイベントにして、寄付を集めることをよくやっています。"ホスピタルフットボールクラブ"もそれを目的に立ち上がりました。
対象は病気の子どもたち。
病院にいる子どもは外の世界と切り離され、隔離されたところにいます。そんな子どもたちはもちろんボールを蹴ったり、外を走りまわったりできません。でもこのスポーツはグラウンドで実際に走って試合をするだけではありません。ゲームの戦略を立て、作戦を考える、つまり頭を使う戦略こそ重要なんです。
病室にいても子どもたちが、作戦を考え、それをプレイヤーに伝えることで参加することができます。

これまで、このクラブでは実際、病室から子どもが作戦で参加したり、退院した子どもたちがグラウンドに来て参加したりしています。
そのとき、グラウンドには大勢の観客も見えるので、参加者たちは1人500円を払います。
その寄付先は子どもの入院生活が楽しくなるような活動をしている団体に贈られています。うちの「お母さん食堂」も選ばれました。
日本ではまだ珍しい、「スポーツを通して病気の子どもたちを応援する」このクラブはまだ、知名度も低いので、その普及啓発について、この度、会議が開催されました。まず、こんなスポーツがあることを知ってほしいと思います。そして、うちの病院でもやってみたいなーと思う方、ぜひ、ホームページをご覧ください。そして、ご一報くださいね。

写真は"ホスピタルフットボール協会"の発起人のみなさんと私。左から尾関泰輔さん、奥さんのえりさん、右端は尾関さんの友人の糸賀亨弥さん。(糸賀亨弥さんはかの有名ない糸賀一雄さんのお孫さんです。

お母さん食堂2020/03/07

f:id:asovo:20200308215809j:imagef:id:asovo:20200308215822j:imagef:id:asovo:20200308215834j:image

 

おひな様弁当 召し上がれ!
ちょっと前まで女の子だったママへ

 

昨日ボランティア団体を応援するプロボノさんが、お見えになりました。
「お母さん食堂とはどんなことをしているのですか?」
「栄養あるごはんを安価でお届けている、一言でいえばそういう活動なんですけど、やっぱり、お母さんたちの置かれている状況が厳しいものだから」
「どんな状況ですか?」
「たとえば、たまたま、コロナの流行りだしたころ、一時頃外泊された方がいて、戻ってきたら、コロナの保菌者かもしれないということで、病室から一歩もでられず、それが一週間以上も、出るのはトイレの時だけで」
「その方はごはんどうしているんですか?」
「冷凍食品いっぱい買って看護師さんに温めてもらっていると」
「お子さんもまだ、小さくて、2人っきりで、病室に缶詰になられて、大変な状況かと思います。
ほかにも、半年とか、長い方もおられます、部屋から一歩も出れないことって経験しないとわからないでしようけど、そんな、お母さんたちから、病院の楽しみですと言われたりしたら、やはり、この食堂はとても大切だなあと」
坂上さんに聞くまではただ、おいしそうだなと思うだけで、でも背景を伺うと大切な事業ですね、そういうことって、よく知りませんでした」
「私もやるまで、知りませんでした、そんなに長く病院で暮らしている方がいるとか、子どもさんから目の離せないとか、お弁当をとどけることで、お母さんたちの厳しさがわかるんです。だから、辞められないというか、、、この活動はお金がかかるので、それが悩みです。仕事も辞めて子どもに付き添うお母さんさんたちはお金に余裕ないし、遠方から来る方はご飯を運んでくれる親戚もいないわけで、

しっかりした栄養を提供したいといえば、今の200円ではたりませんし、なので不足分は寄付をあてていますがやればやるほと、赤字になる活動です。」

応援サラダを召し上がれ!

f:id:asovo:20200303155224j:imagef:id:asovo:20200303155233j:image

臨時お母さん食堂🥗2020  0303

今お母さん食堂はコロナ対策でお弁当を届けても病棟にはいれません。お母さんたちをラインで呼んで、エレベーター前まで出て来てもらい、お弁当をお渡ししています。
先々週土曜、1人のお母さんからこんなラインがきました。

👧「今週なのですが、お弁当お休みします。すみません。外泊した関係で、(コロナの保菌者かもしれないとのことで)、親子共部屋から完全に出られなくなってしまいました。食べる物も冷凍食品を看護師さんに温めも行ってもらっている状態です。部屋から出られるようになるまでお弁当をお休みさせてください🙏また連絡いたします。」

そして、約10日後の今日

👧「マスク着用で部屋から出られるようになりました!」

👵「それはよかったですね、食べ物はありますか?」

👧「冷凍食品を買い込んだので、毎日冷凍パスタたべてます。買い込んだから、それを消費中、お弁当は結構です」

👵「土曜ではないけど、臨時お母さん食堂やります。ちょっと差し入れ届けますね。一週間も親子で閉じこもり大変でしたね、サラダは頑張ったご褒美。料金はいりません。

👧「サラダいただきました。ありがとうございました。久しぶりに思いっきり野菜を摂ることができました。🙏ごちそうさまでした!

🥗サラダ(わさび菜、トマト、新玉ねぎときゅうりとハムのマヨネーズ和え、アスパラ、オクラ、チーズ、ベニシャケ、シャウエッセン)ごまドレッシング付き

👵みなさんのご寄付はこんな形でお母さんたちの健康を守る取り組みに使われています!食堂店主

JVCC2020

f:id:asovo:20200224175739j:imagef:id:asovo:20200224175758j:imagef:id:asovo:20200224175821j:image

JVCC2020  02-23
全国のボランティアコーディネーターらが集まり、ボランティア活動について語る会が東京のオリンピック青少年センターで2日間開催されました。
会の最後に代表が、「オープンニングの朝の会場、人もパラパラなんだろうと思っていたが、ぎっしりで驚いた」と。(いやいや後ろは立ち見でしたよ、クロージングも人がぎっしり)
両日、参宮橋駅からから会場まで、看板を持って案内する学生や、館内もマスク配布したり、あちこちにアルコール消毒液をおき、ガイドも徹底していました。初日は12の分科会、翌日は10の分科会。

参加された方々から「同じ悩みをもつ人たちと話ができて元気をもらった」「自分のコーディネートの未熟さがよくわかった、アイデアをもらって、さっそく実行してみたい」「参加するか、かなり迷ったけど、本当に来てよかった」など、コメントいただきました。

実行委員として毎月話し合いを重ねて、念入りな準備をしてきただけに、無事開催できて、よかったです。会場に足をお運びいただいたみなさま、そしてこれだけの大きな大会をご準備された実行委員のみなさま、お疲れ様でした。

お母さん食堂にプレゼント

f:id:asovo:20200218163112j:image
静岡に住む大学の同級生まりちゃんから時々、果物や食材が送られてきます。今回は夏ミカンとマヨネーズとつゆの素。
つゆの素ってたすかります!
煮物にも良し、青菜の和え物にも良し。
「お母さん食堂」は調理する人、運ぶ人、食材で応援してくださるなどいろいろな人がいます。
先週は病院にお弁当とどけたら、コロナウィルス対策で中に入れてもらえず、エレベーター前で受け渡ししました。
お母さんたちが三人揃ってやってきて、「土曜楽しみにしてるんです💗」と言ってもらいました。
お弁当で付き添いの苦労がほんのちょっとでも助かるなら、私もまりちゃんも嬉しいなぁ。

2020.02.15 今日のガラガラドン

f:id:asovo:20200216011322j:imagef:id:asovo:20200216011311j:imagef:id:asovo:20200216011335j:image
6人のボランティアに2人の子ども

シヨウちゃんに2人のボランティアがはいり、あとはプレイルームに付き添いのいない赤ちゃんが来たので、4人で赤ちゃんを取り囲んでべったり、べったりでした。🤗
お母さん食堂は4人のママにお弁当をお届けしました。五目ご飯とおかずはお野菜12種類いれた健康弁当です。