病気になってもいっぱい遊びたい

私達は、病院で子どもと遊ぶボランティアです。退院してからも出会いの場を大切にしています。

過去のブログはこちら

寄付の寄付について

f:id:asovo:20190909164313j:image
今日使わない切手の寄付をいただきました。
合計60枚、3900円
80円切手✖️27枚
50 円切手✖️28枚ほか、
通信送るのに、92円かかるので、42通がこれで送れます!とても助かります。
もし、使わないハガキや切手お持ちの方、ご協力いたたけましたら幸いです。
📮162-0056新宿区若松町10-1-302号

2019.08.24 お母さん食堂東大へ

f:id:asovo:20190824171606j:imagef:id:asovo:20190824171621j:image

今日は二人のママにお弁当を届けました。
届け先は本郷三丁目の東大病院小児病棟。
「ハウスグランマ」(npo事務所)は若松河田にあり、大江戸線で東大までは五駅先。なので、注文があれば、お届けもオッケー。
一人は長野県からいらしたお母さん。もう一人は3人の乳幼児を抱えるお母さん。こちらのママは夜はおうちに帰ります。
病気の子どもの付き添いといっても24時間子どもに付き添う方や帰宅されるお母さんもいます。帰宅されても家に帰れば幼い兄弟の世話が待っていて、お母さんたちは、いつ休めるんでしょう。
恐縮されるお母さんに「実家がそばにあると思って今は甘えていいんじゃないの、おうちにかえったら、これ、お皿に移すだけ!ちょっとだけでも楽してね」と夕飯のおかずの足しを差し入れしてきました。
お代は出世払いということでー。

NPOに寄せらるお米や食料、寄付金はこのように使われています。
🍱メニュー:焼きナスの生姜和え、レンコンきんぴら、イワシフライ、ハンバーグ、カボチャ、

ラジオ深夜便聞き逃しサービス

ラジオ深夜便聞き逃した方へ
こんなサービスあるんですね
https://www.nhk.or.jp/shinyabin/kikinogashi.html
深夜便聞き逃しサービスこのURLをご覧ください。

8月1日〜翌日8月2日を指定し、さらに午前1時台を指定していただくと1週間期限限定でいつでもきけます。

この放送は四年前の再放送です。
四年前は放送時間が午前四時でした、当時ガラケイだったし、だれにも宣伝しませんでした。今はスマホフェイスブック友達やラインで簡単にお知らせができるようになりました。NHKにも聞き逃しサービス当日はなかっので、たった四年でこの変化に驚き!

ラジオ深夜便今夜

f:id:asovo:20190801111834j:image

もし、起きていらしたら聞いてください。

四年前に放送されたもので再放送。今夜、聞き逃した方はインターネット「らじるらじる」でも(1週間は)聞くことが出来ます。

2019年8月2日AM1:00~1:40 
-病気の子どもたちが輝く遊びを届けて-坂上和子
NHKラジオ第一放送

「がんばれ!子供村」夜のお話し

坂👵今回は「お母さん食堂」つながりで、病院に付き添い経験のある親御さんにお声をかけました。最初にアメリカと日本の病院を経験されたAママさん、どうですか?
👧一番の違いは規則かな、日本はすごく厳しい、管理的。アメリカは患者中心ということ。入院が苦にならないように配慮されていて、学生とかシニアとか、誰かボランティアがきてくれて、必ず支えてくれていたの。親は付き添いをしたかったら、すればいいしそれも親が決められる。日本だと、私の場合、付き添いは強要だった。でも、自分から付き添いをさせて欲しいという一文を書かされて事実上強制された、うちは癲癇発作などあって、なかなか目が離せなくて、一人には出来ないし、シャワーをする時間見ててと保育士に言えたけど、それも15分くらい、それ以上は言えないですね
食事に関しては日本ではコンビニとかでおにぎりを買っていたけれど、それだって、タイミングを逃すと室内で飲食ができないので、夜になったなんていうこともあります。
米国は院内にカフェテリアがあって、出られないときは電話で頼めば病室まで運んでもらえました。せめて日本でもそうあって欲しいなあ。

👨僕の場合、米国で半年、日本で半年、付き添いを経験した。日本では風呂は30分おきに予約になっていて、その時間に入る、でも子ども(3歳)をその間みててくれるわけではないし、30分も入ってないな。そもそも、父親の付き添いがちょっと前まで認められていなかったみたいで、理由は大部屋の付き添いが母親がほとんどで、男性のトイレもないしとか聞いている。最近、やっと父親も許可されたそうで、今は大部屋で^_^^_^週末父親と母親が混同で寝起きしていて、カーテンの仕切り1枚で雑居生活です(笑)。
👩私は元ナースだったので病院が救命を最優先するのはわかるんですね、
坂👵でも長くなるとそこで生活しているわけでしょ、前に米国の視察にいったとき、米国も最初は親の面会時間を制限したり、規則づくめ時代があった、でも、親たちが「我が子には私が必要」と言って、家に帰らない!と抵抗した親たちの運動があったと聞いていますー
👱‍♀️うちは7年ほど病院と縁がきれないんですけど、親はやっぱり病院に人質にとられているっていうか、苦情を言えばモンスターペアレントって思われるし、自分のいないところで子どもに当たられるかもと思うと言えないですよ。
💁子どもが学校に入る年になって学校のことや、先輩ママに相談したり、だんだん、こちらも将来のことを考えたり、余裕が出てくるけど、病院はもっとその前のことですよね、発病当時って頭真っ白で、目の前で起きることが信じられないときよね、他の人のこともほとんど見えないし、そんな一番どん底の苦しいときに我慢、我慢が当たり前でなくて、助けが多いほどいいし、そういう病院になって欲しいなって、「お母さん食堂」はそういうときの命綱みたいな存在かなあ

👵皆さんの声が社会にもっと届きますように。