病気になってもいっぱい遊びたい

私達は、病院で子どもと遊ぶボランティアです。退院してからも出会いの場を大切にしています。

過去のブログはこちら

第14回NPO総会開催

2018年6月17日(日)
正会員27人中、出席21人(委任状6人)をもって開催されました。
議案は29年度の活動報告・会計報告、今年度の活動計画と予算、定款の変更がありました。
議論の中心は会計です。昨年は300万の赤字を抱えて来年は貯金も底をつくところにいます。
NPOもいろいろで介護保険の事業所ように国から委託費が出るところもありますが、うちは独自に活動費を工面しなくてはいけません。
資金が底をついたら、活動自体が出来なくなります。
今後、どう資金をつないでいくか、どんな方法があるだろうかとアイデアを出し合いました。

 

後半はゲストに「お母さん食堂」を利用されたTさんをお招きして、お話しを伺いしました。お子さんがお空に帰られてまだ2か月ほどで、お悲しみのなか、気力をふりしぼってお話しして下さいました。
大学病院の大部屋で約1年半、24時間付き添う体験を初めてご本人から伺いしました。
カーテンで仕切った空間では餃子やカップラーメンなど匂いの強いものは食べられず、おならも出来ない、周囲への気兼ねもあって緊張の連続であったこと、硬くて狭い折りたたみのベッドのため寝返りも出来ず四十肩になって身体を壊し、お子さんの体位変換も思うようにしてあげられなかったと。
なかでも一番辛かったことは「親戚のお見舞いも遠のいて周囲の無関心が辛かった」と言われました。そんな中で、「お母さんの心に体に目を向け心を寄せてくれたお母さん食堂のお弁当は、本当に嬉しかったです」とお話し下さいました。
Tさんのお話を聞いて、常に緊張が絶えず自由な時間もない、食事すら思うように摂れない、眠っても疲れがとれないような環境は、看護する人の気力すら奪ってしまう過酷な状態はどんなにお辛かったかと思います。
お母さん1人が看病を一身に担うのは負担が大きすぎます。看病に当たるご家族の心身をサポートする体制の整備が急務だと思いました。
その解決の1つの方法として、遊びのボランティアの存在やお母さん食堂があるように思いました。
このようなお母さんにとって明るい光となるようにこれからも、心して活動していきたいと思いました。
総会の後は、会員が持ち寄った食事やお菓子をいただきながら、日頃会えないメンバーとの交流を楽しみました。第1週リーダー 佐藤みどり
f:id:asovo:20180620085502j:image


iPhoneから送信

6月9日(土曜)ガラガラドン

f:id:asovo:20180610113537j:image遊びの時間14:00-15:30
ボランティア4人 遊んだ子ども8人

今日はボランティアが諸事情で4人だけでした。
「遊べる子どもがたくさんいたら、今日は申し訳ない」と思いながら看護師さんから申し送りを受けましたら9人も!
プレイルームは4人の子どもがいましたが付き添いの家族もいらっしゃったので二人のボランティアがつきました。
阿部さんと坂上は時間を区切って4人のお子さんの相手をしました。

9人は無理でしたが8人の子どもと遊べました。

病院ボランティアの難しさは遊べるの子どもの数が前以て読めないこと。、ボランティアも毎回均一人対応できません。

「今日、どうなることかと思ったけど、なんとかやれたね」
と胸をなでおろしました。

 

写真  子どもに読み聞かせをした本。f:id:asovo:20180610113606j:image

 

通信66号発送

 

f:id:asovo:20180528172700j:image2018年5月27日
通信発送しました。
今回は年間報告とお母さん食堂の報告もあって
400部×2を会員に送りました。
原稿をパソコンで作るってああ、大変!
A3両面カラー、原稿の依頼やら校正やら写真選びやらレイアウトやら。
四十肩(六十肩?)の痛みに耐えながら
で、作成後は富士ゼロックスに持ち込み、バックされたら4人のボランティアが入れ代わり立ち代わりやってきて、紙を二部セットして半折りして更に三つ折りして、この他振込用紙、寄付のお願いの手紙も同封する。封して切手シール貼って、クロネコさんを待ちます。今は目薬さして、肩にサロンパスを貼って虚脱状態・・・
こんなして苦労した通信、皆さん、読んでねーー

通信66号はここで http://www.hospitalasobivol.jp/ 読めます

2018年5月19日(土曜)ガラガラドン

f:id:asovo:20180520103353j:imagef:id:asovo:20180520103404j:image遊びの時間14:00-15:30
ボランティア9人 遊んだ子ども9人
個室3人
大部屋2人
プレイルーム4人

今日のプレイルームは1歳、2歳、3歳の坊やと2か月の赤ちゃんも来ました。
みんな男の子でした。
2か月の赤ちゃんの付き添いはママでしたが他2人はパパで1人は付き添いがいませんでした。
ママが4歳の姉を幼稚園を休ませて離れた実家に預けていること、ここに入院して1週間になること、
近所にきょうだいのと預け先がなくて困っている、ベビーシッターは高くて1週間も利用できないことなど
悩みを話してくれました。
ボランティアのひとりがファミリーサポーターをされているので、ファミサポの制度を教えると
すぐにスマホで検索をし、 「いいことを教えてもらった。予約します」とお礼を言われました。

ほかに2人の坊やがパパと遊んでいました。土曜のせいか、けっこう、パパの付き添い多く見かけます。
子どもがボランティアになついて遊びだすと 「ちょっと見ててもらって、病室に戻っていいですか?」
「いいですよ~3時半までいますから」
1歳坊やはパパが見えなくなると後追いしましたが、ボランティアにあやされると、笑顔を取り戻し遊びはじめました。
そうすると他のパパも「お願いします」と言って出て行ってしまいました。
そのうち、1歳坊やのパパが戻って、遊びの様子を廊下からみています。
「ご機嫌で遊んでいるので3時半までご自由に」とそっと耳打ちするとパパはまたお出かけし、時間になって戻ってきました。
ボランティアと子どもが楽しく遊んでいる様子をみて「ありがとうございました。入院して二日目で、今までぜんぜん笑わなかったんです。知らない人なのに、こんなに笑ってだっこもされてビックリしました」と。
 『あら、そうだったんですか?よく遊んで、いいこでしたよ」と遊びの様子を伝えました。
1歳坊やのパパは ボランティアが帰る時間もわざわざ、エレベーター前で待っていて、深々と頭を下げて下さいしました。
ボランティアもお役にたてて、うれしかったです。

母の日のお母さん食堂

5月12日(土曜)
この日はアジフライ、エビフライ、五目煮とひじきの煮物と桜エビ入り青菜のほか、特別な労いをこめてデザートにプリンを作りました。
いつも弁当で注文をいただくAさんはこの日パパもいらしてて夫妻弁当でお届けました。
パパが手作りプリンに目を丸くして大感激!
それが嬉しかったです・
食堂にも1人のお母さんが来てくださいました。

f:id:asovo:20180514142703j:imagef:id:asovo:20180514142713j:image

 

四月 お母さん食堂のまとめ

4月は7日、14日、21日、28日が実施日でした。
でも、お子さんがICUに入って予断が許さない方がおられたので平日にも差し入れを度々ご持参しました。
食欲がないということで消化のよいバナナやヨーグルトなどを差し入れしました。
4月のお客さんは延べ9人でした。

なるべくお野菜たっぷり目。

f:id:asovo:20180514141447j:imagef:id:asovo:20180514141447j:image

子どもの日の墓参り

2018年5月4日
AYAちゃんのお墓参り 

毎年、「子どもの日」になると、AYAちゃんを思い出します。だって、この日が誕生日だから。
同時に、「子どもの日」は病院で治療をしている子どもたちにとっての「子どもの日」を考える日となっています。

f:id:asovo:20180505094355j:image

f:id:asovo:20180505094403j:image