病気になってもいっぱい遊びたい

私達は、病院で子どもと遊ぶボランティアです。退院してからも出会いの場を大切にしています。

過去のブログはこちら

お母さん食堂ファンからの差し入れ

f:id:asovo:20181117175725j:imagef:id:asovo:20181117175736j:image

2018 11 17 お母さん食堂
今日は塩豚、ナスの南蛮漬け、ブロッコリーとエビのマヨネーズ和え。プラス肉まん。全部手作り。
私はブロッコリー茹でただけ!
葉山のえっちゃんからクール宅急便で前日届きました!お母さん食堂のファンがたくさんいます。
お母さん、大喜び!お父さんも!

お母さん食堂

f:id:asovo:20181110211832j:imagef:id:asovo:20181110211851j:imagef:id:asovo:20181110211909j:image2018年11月10日(土曜)
朝になって「弁当もう二つ追加お願いできますか」などのラインがきて、今日は6個つくりました。
オカズはコロッケ、ホウレンソウ和え物、レンコンのきんぴら。主食は五目御飯。ゴボウ、レンコン、鶏肉、こんにゃく、油揚げ、シイタケの具沢山の。
1人では手が足りなくて、84歳の関根さんが駆けつけてくれました。
お米は「秋田こまちの里」、秋田で農家をやっている会員さんからのご寄付です。
人、物、金、たくさんの善意がいつも集まり、お母さん食堂は支えられています。

大好き!ダンボール遊び

f:id:asovo:20181110205733j:imagef:id:asovo:20181110205757j:imagef:id:asovo:20181110205813j:image2018/11/10 土曜 13:30-16:30
ボランティア7人 遊んだ子ども5人

大部屋2人、クリーンルーム1人、クリーンルームの専用廊下で2人の子どもと遊びました。

ボランティアがナースセンターで手洗いをしていると、「待ってたんだよ、早く、早く」と二人の坊やが
呼びに来ました。
看護師さんも「朝から待ってたんですよ。60数えたら来るよといったら、60を数えて待っていたんですよ」と。
そんな嬉しいことを聞いて、ボランティアもハッスル!
2人の坊やはクリーンルームがお部屋のため、廊下やプレイルームには出られません。
お部屋の前の専用廊下にマットを敷いて遊びました。
子どもたちの希望で段ボール遊びをしました。
今日は造形教室の先生、イッコさんがいらしたので、病院地下のセブンイレブンで子どもがすっぽり入るくらいの段ボールを2つもらってきて1人の坊やはお家を作りました。もう一人はロボットをつくりました。
お家作りは窓を開けて顏を出したり、ロボット君も穴をあけて腕を通したり、顔が出せるように工夫しました。
それぞれ絵の具やマジックで段ボールに絵を描いたり、塗ったりして盛り上がり、うるさいほどでした。
「今日のボランティアはどうでしたか?」「とっても楽しかったので僕からお礼をします」
坊やは白い帽子を被って、コックさんに変身し、「おいしい料理を作りました。食べてください」
「これは何ですか?」「卵焼きです。ハンバーグです」とそれぞれのボランティアの手に乗せてくれました。
「また来週も来てね」と言いながら・・・かわいい子どもたちと遊べてボランティアも楽しい楽しい時間でした。

2018年10月の「お母さん食堂」ご利用

f:id:asovo:20181103022359j:imagef:id:asovo:20181103022414j:image

10月は土曜と火曜で7日開店、利用者は20人でした。
一番長い方で昨年9月に入院、短い方でもこの7月に入院です。土曜はオカズたくさん200円。火曜は簡単ランチ100円でご提供。時々ただの差し入れも。
火曜5回10人(10/2 10/9 10/16 10/23 10/30)
土曜2回10人 (10/13 10/27 )

現在ご利用の方は一番長い方で昨年9月、短い方でもこの7月に入院の方です。
ほとんどの方が小児がんや重い心臓病を抱え高度医療を必要とされる方で、乳幼児を看病されるお母さんたちにです。
食堂が土曜なので、行事や出張のため休みになることもあり平日にも簡単なランチをお運びしてます。
そんなお母さんたちからお弁当のお届けながら様々なSOSが飛び込んできます。
ご家族の背景、きょうだいへの心配ごと、ご自分の体調、子どもの病状への不安。
手紙の方は妊娠中に3歳のお子さんに付き添って数ヶ月になる方で、来週いよいよ出産のため、パパと付き添いが交代されると。妊娠中でも、24時間カーテンで仕切られた共同部屋に付き添う身重なママのこれまでの心労ははかりしれません。

食堂を通して、セッパつまった家族に出会いながら、入院中の子育て支援の貧しさを嘆くだけではなく、マスコミに訴えたり、国に働きかける行動が必要かと、思う日々です。

お母さんからいただいたお手紙

f:id:asovo:20181102170954j:imagef:id:asovo:20181102171003j:image

もうすぐ出産のため、来週からパパと付き添い交代されるお母さんからお手紙いただきました。
がんばっているパパも応援します。
お米もほら、こんなにたくさん、
みんな寄付で届きました!今年の新米、もち米やら玄米も!みなさんからのご厚意を大切にお届けします。

入院している子ども全員と遊びました!

f:id:asovo:20181028151754j:imagef:id:asovo:20181028151808j:imagef:id:asovo:20181028151823j:image
2018/10/27 土曜13:30-16:30
ボランティア10人 遊んだ子ども10人

今日は個室4人、プレイルーム5人、大部屋1人でした。ボランティアと子ども10対10で。
病室は27床だが、この日は空きが多く、入院児は10人。ということは、入院中の全ての子どもと遊んだってことか。
こんなことは滅多にない。ボランティアがすくなかったり、遊べる子どもがいなかったりで、お互いのバランスがうまくいかない日が多い中、こんな日もありました❤️