病気になってもいっぱい遊びたい

私達は、病院で子どもと遊ぶボランティアです。退院してからも出会いの場を大切にしています。

過去のブログはこちら

国際医療福祉大学大学院の今週の学び

f:id:asovo:20190713003329j:image
7/11は未来企画(株)の社長福井大輔さんという方がゲスト講師で、とても心に残った。
福井さんは仙台市で「アンダンチ」という複合施設を作った社長さん。「アンダンチ」(あんたのうち)は1000坪の敷地に「介護事業所」「障害者福祉事業所」「幼児教育事業所」などが集まった施設で、一番の特徴は地域に多世代交流があるということ。
高齢者だけでなく、保育園児がいたり、近所の人たちが料理教室や趣味サークルで行き来し、老若男女の姿がみられる。
こういう施設がどこの町にもあったらいいなあとしみじみ思う。
というのも、現在、私は児童養護施設でお世話になった親代わりのシスターが老人ホームに入所されているので、たびたび老人ホームというところを訪問している。今の老人ホームはかなり居心地がいいと思う。廊下はひろい、窓も大きく、明るく、トイレも使いやすく、バリアフリー。食事は個人の健康状態にあわせ、とろみをつけたり、きめ細かな対応で、スタッフの言葉がけも丁寧。
体操したりリハビリしたり、壁に利用者の作品や絵画もある。でも何かが足りないー。
ご本人は足腰よわり、歩行器をたよっているのでバリアフリーの環境はとてもありがたい。同じ話を繰り返し認知症の症状は進んでいるが、昔のことはよく覚えていてアルバムをみながらすべての人の名前がいえるほど。その本人が毎回私に言うのが、「ここには子どもたちがいないの」「猫ちゃんやわんちゃんがいないの」、「 年寄りばっかりなの」と。
私が帰る時は手を強く握って、帰りを惜しむ。
高齢者に必要なのは環境の整備とともに、地域の人とのつながりだってこと。実際、老人ホームに来てみるとそれがよく分かる。
どこでも「アンダンチ」のような多世代の交流があれば高齢者の残り少ない時間の質は確実に変わるだろう。
こうした施設を頭で考えるだけではなく、実際に作ってしまった福井社長の情熱はすごい!日本の若者も捨てたもんじゃないなあ!毎回こんな感動を直に本人から聞ける機会を提供してもらえるコーディネーター大熊由紀子教授にも感謝。

退院おめでとう

f:id:asovo:20190711083000j:image

お母さん食堂
お母さん食堂は毎週土曜に開店してますが、長い入院の方には火曜も「100円ランチ」として、おにぎり二個と卵焼き程度をお届けしています。
今日は2人のママから依頼がありました。お一人は明日退院で、特別デザート(テングサから作ったトコロテン)をつけてお届けしました。
以下退院予定のママからのライン

👩明日、退院が決まりました!
坂上さんには本当にお世話になりました。
先の見えない入院で妊娠していた事もあり、崩壊寸前の精神状態で食事など当たり前の普通の生活が送れない中、坂上さんのお弁当が毎週の楽しみで、私のご褒美でした!!
親だから我慢しなきゃならない、我慢するべきという雰囲気の中で坂上さんのお弁当は本当に心温まる味で、絶対にこの活動は無くさないで下さい!!
これからも坂上さんを必要とする方はたくさんいます。
また検査入院などで、坂上さんのお弁当を食べられるのを楽しみにしています☺️

アメリカからおかえりなさい

f:id:asovo:20190628105259j:imagef:id:asovo:20190628105305j:image

1月に渡米。心臓移植を無事終えて戻ってきた坊やの付き添いパパから先日久しぶりにお母さん食堂のお弁当注文がラインで来ました。「坂上さんの唐揚げが食べた〜い」とのことで、メインは生姜とにんにく醤油につけた唐揚げ。
5月半ばに退院された方が最後で、1ヶ月ぶりの注文でした。土曜が総会のため、前日にお届けしました。
そのときご家族が周りのお母さんたちに宣伝してくださって、追加で3個。その3人は初めてのお客様だったので試食として、無料でお届けしました。
お母さん食堂の難しさは注文がきたり、こなかったり、固定でお客様の人数が読めないことです。でもお母さんからこんなお弁当の感想をいただいたりするととても励みになります。

👩今日はありがとうございました!お弁当、いただきました。とってもおいしかったです!
特に玉子焼きのほんのりとした甘さにほっとして、疲れがとれました!今回は体調不良による入院で、退院予定がまだわからないのですが、長引きそうだったらまたお願いします。

第15回総会開催

f:id:asovo:20190622182517j:imagef:id:asovo:20190622182527j:image

2019/6/22
第15回総会が開催されました。
平成30年度の事業報告.会計報告.監査報告が承認され今年度の事業計画等について話し合いました。
NPOと任意の違いは規約(定款)に従って総会を開き、正会員みんなで、会の方向を考えていくことにあります。総会はNPOのスタートライン、「よし!今年もみんなでがんばろ〜」

障害をもつ息子よ。そのままでいい

f:id:asovo:20190607093408j:imagef:id:asovo:20190607093420j:imagef:id:asovo:20190607093433j:image

2019年6月6日(木)
毎週木曜は大学院の公開講座を受講している。時間が遅いので(19:45~21:15)ときどき休むが今日は絶対聞き逃せないといつもより早めに教室に。
テーマは「障害をもつ息子よ。そのままでいい」講師は神戸金史さん。
おそらく福祉の仕事をしている人でこの方を知らない人はいないんじゃないか。
神戸さんは報道記者で、自閉症の息子さんの成長の日々を文字や映像で伝えている。
「障害者がいなくなればいいと思った」、社会を震撼させた神奈川県相模原市で起きた障害者殺傷事件以降、私は何度もこの方にお会いしている。テレビで・FBで。
今日はこの人に直接会って話を聴いた。
そしてサイン本を手にした。なんという重みのある本だろう。
会場は国際医療福祉大学赤坂キャンパス、授業は「医療福祉ジャーナリズム特論」といい、毎回講師が入れ替わる。コーディネーターは元朝日新聞記者の大熊由紀子さん。主に医療福祉に関わる受講生が教室をうめる。私はこの授業を数年受講しているが、毎回学びが大きい。でも今日の授業は中でも圧巻だった。

子どもと家族の福祉をテーマに講義

2019/6/3  f:id:asovo:20190607093202j:imagef:id:asovo:20190607093228j:image
玉川学園大学教育学部
「子どもと家族の福祉」の授業で入院児保育のことを将来幼稚園教諭や保育士を目指しておられる学生さんたちに聞いていただきました。

以下いただいた感想から


👩きょうだいが入れないことや隔離された病室で1人過ごす子どもの保育を考えたことがなかった。そんな子どもたちにとっても遊びがどれ程癒しにはなるか今日の話を聞いてわかった
👧病気のこどもの保育はこどもだけでなく付き添っている親や医療関係者にとっても様々な効用があることを知り、保育士という仕事の奥深さ、改めてて知った
👱‍♀️病気の子どもの保育は年齢も病気も違って難しいけれど、やりがいがとてもあると思った。
👨24時間付きっ切りで疲れてしまう親や、反対に面会時間を制限すると子どもに寂しい思いをさせてしまうなど親にも子にも1人1人の支援の必要性を考えさせらた。
👩‍🏫手作りの教材に温かさを感じた。感動を病院に運んでいるボランティア活動にも感激した。
👩‍💻ボランティアぜひやりたい!!